山形市の映画館

 

 

国際ドキュメンタリー映画祭の行われる街として、古くから多くの映画館を抱えていた

山形市であったが、近年シネコンの台頭により、従来の映画館は壊滅してしまった。

 

千歳座

 

鉄道が通り、山形駅ができると駅前通りという概念が生まれて、その人通りを

見込んだ施設が計画されるようになった。駅前通りに面した第二公園にも明治35年、

有志による芝居小屋の建設がおこなわれた。「千歳座」と命名された大規模な建物は

時代の変遷に応じてその後映画館に改装されて、昭和11年頃には常設映画館と

なっていた。それから30年ほど経った昭和40年、駅舎をはじめとした周辺整備事業の

あおりを受けて古風な建物は一掃されることになり、千歳座もまた解体、撤去となった。

 

 

 

 

霞城館

 

霞城館は七日町十字路を東に進んだ映画街にあり、これも古くからお客を

集めていた。大正初期にすでに洋風建築として立てられており、人気の館となった。

その後日活の常設館となった時期もあったようだが、ミューズとして終焉を迎えた。

 

 

旭座前から霞城館方向を望む

 

 

旭座

 

 

昭和30年に建てられた館は現存しているが、大正6年に始まる旭座(シネマ旭)も長い歴史を閉じてしまった。

向かいのシネプラッサやミューズも閉館したため、旭銀座をわざわざ「シネマ通り」と命名した意味も全くなくなった。

映画の見られない「シネマ通り」の名は、より空しい響きを帯びてしまい、人の口にも上らなくなった。

 

 

 

山形大映

七日町十字路の北西角には大映があった。昭和40年代までこの地にあったが、親会社の倒産の

影響か閉館撤去となった。座頭市やガメラ、大魔神などの作品は人気を集めていたと思うのだが。

 

 

 

 

全国産業博覧会 演舞場

 

昭和2年に山形市でおこなわれた全国産業博覧会の演舞場の写真が残っている。

常設映画館風の建築物であるが、資料不足で詳細についてはわからない。

 

 

 

http://ht9901.web.fc2.com/3sukara.htm

(山形宝塚)

 

 

 

 

映画というものは、スクリーンが有ればいいというものではなく、その建物の雰囲気が

重要な要素なのではないかと思う。手描きの大看板にスチール写真、天井の高い古風な

落ち着いた佇まい、待合いの間の人々の会話・・・それらの要素を削り落としたシネコンの

ことを「映画館」と呼ぶことに何となく躊躇を覚えるのはかつての映画館を知る世代のみであろう。

 

 

(古写真topへ)             (topへ戻る)

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system