鶴岡座

 

 

 

今は十三万人超の人口を数える鶴岡市も、旧鶴岡市の末期には

十万人を割り込み、その時点では市内には映画館さえ無くなっていた。

 

 

けれども昭和の最盛期の時代には鶴岡市にも五つもの館があり、

それぞれが賑わっていたようだ。家庭にテレビが普及したあとも

鶴岡スカラ座、鶴岡座、シネマ旭などは今は見られなくなった数本立てで

営業を続け、長期休みなどは子ども向けの娯楽作品を掛けたりした。

 

 

鶴岡座には今のシネコンほどではないにせよ、複数のスクリーンがあったようで

中劇場、大劇場、名劇場などの表示があった。子ども向けのものと成人映画を

同じ館で同時に映写していたことも多かったようだ。

 

 

 

家庭にビデオが普及し、レンタルなども当たり前になってくると、何とか

頑張っていた各館も急速に傾き、平成の初め頃か、鶴岡座もあっさり

閉館してしまった。そしてシネマ旭がそれに続き、鶴岡まちなかキネマ

ができるまでは鶴岡市には映画館不在の時代が続いたのである。

 

 

 

(topに戻る)             (他市町一覧へ)                 (次ページ)

 

 

 

 

inserted by FC2 system